2004年11月20日

04あたいの夏休み -4日目;下北半島-

すっかり忘れ去られたこの企画.
もう,こんなものがあった.
ぐらいしか覚えて無かったりして.

全国初お寺で寺(地)ビール

 このリンク先.
 不躾にもいきなり音楽が鳴るので
 職場で見る場合は要注意だ.
 「寺ビール(じびーる)」なんて言葉以上にキケン.

 そうそう,そもそも職場のPC.
 ボリュームはミュートもしくは限りなく最小が好ましい.
 もちろん,音が必要なアプリケーションもあるが
 ふつーのオフィスでは稀なのだから.

 -警告のウィンドウが音付きで頻繁に現れる場合,
  一番不機嫌なのはあなたではなく,その隣人である-

 さらに言えば,
 マウスポインタが思い通りに動かないからって
 マウスをガチャガチャ振ると言う暴挙に出てはならない.

 大抵の場合,それはあなたの扱いが悪いためであり
 メンテナンスが行き届いていないためである.

 もしくは性能の悪いマウスを用いているか.

 この世のモノは性能と価値をバランスさせて存在しているのである.
 すくなくとも工業製品にこのバランスを持たぬものは存在し得ない.
 製品の開発技術者たるものがそれを忘れ,
 自分の機嫌のみでマウスに虐待を与えるのは
 工夫(知能)か我慢,もしくは財力が欠けていると
 周囲に知らしめるようなものではないか.

 まあ,ともかく.
 遅々として進まぬ開発に気が立つのもわかる.
 あなたがお子様ほどの気の長さも持ち合わせぬのもわかる.

 が,この静かな休日の職場で
 最も苛立たしいのはあなたの存在だ.

 なんて考えつつ,私は会社に遊びにきているだけなので
 まあ記憶は薄いが夏の写真でも載せておきましょ.

伴走者
  Fig. 旅の友

 ちなみに私はマウスではなくトラックボール派だ.
 なぜかって?
 それは 散らかす机上の面積を増やせるから.


posted by メカパンダ at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

東京めぐり -お台場-

10月7日(木)
Tokyo Designer's Week2004 コンテナ展

展示スペースがコンテナ1個分で,
そこに個人や団体がいろいろと展示を行うと言うもの.

学生さんから企業まで単なる展示にとどまらず
参加型になっていたりして飽きることはない.
製作者と話もできたりして,なかなか面白いイベントであった.

やはり都会は羨ましいのぅ.

台場
  Fig. コンテナの山

ちょっとイイ物もみつけたので
なんとか部屋のインテリアに導入できないかと画策中.

 -次ぎはいよいよ お宿に到着
   なんだか夏休みの話も完結していないような気もするが-
posted by メカパンダ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

東京めぐり -科学未来館-

10月7日(木)
念願のプラネタリウムを見た後は
遠足のお子様に混じって科学未来館を見学.

もらったしおりを見ると

 13:30〜HONDAアシモ デモンストレーション

知らなかった.こんなところでバイトしているとは.
しかし,一日一度のお披露目とは
宝塚トップスターどころではない大物振りである.
ガキどもの目当てはこれか.
と,冷静を保ちつつも,ちょっとうれしい生アシモ.
アシモと掛け合いをするお姉さんが台本棒読みで
そちらのほうがロボットっぽかったのはご愛嬌だろうか.

さて,科学未来館はこれだけではない.
国産科学技術の粋 H2Aロケット用LE7-Aエンジンを愛で,
マイクロマシンに驚愕する.

じっくりと見てみたいものばかりで,
半日の駆け足で見るにはおしい気がする.
科学と言うものに少しでも興味のある人なら
きっと面白いに違いない.

お子様達が邪魔だが.
キミ達この偉大さを理解してないだろう,とは思ってしまうのだが.
将来の科学・技術者を生み出すきっかけと言うことで我慢したい.
科学館大好きなガキだった私がそうであったように.

サイン
  Fig. 掘り出し物

アポロ11号飛行士バズ・オルドリンのサインが
じみーに宇宙ステーションの模型の外壁に書かれていた.
実はこれが一番うれしい発見であったかもしれない.
posted by メカパンダ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

東京めぐり -メガスター-

もう1週間も前の話になってしまったが
先週は木,金,土と関東進出.

木曜日.長袖シャツでは汗ばむ陽気.
まずは 科学未来館 へ.

朝10時の台場.
私しかいなかったらどうしましょ.
 -さてはプラネタリウム独り占めか-
と あらぬ想像に薄笑いを浮かべつつ特徴的な建物へと向かう.

...が,その先には
    赤,青,黄色の帽子の列.

バスに4,5杯分のガキどもだ.
やばい,出遅れた.
心中焦りながらも,余裕の素振りでメガスターを目指す.
エスカレータでお子様どもに抜かれていくのがもどかしい.

の,だが,メガスターの入り口には二人のみ.3番手.
拍子抜けだ.
 -空いているのに越した事はないが,
  期待している物に行列ができていないとちょっと寂しい-
かように人間とは我侭な生き物である.

さて,肝心のプラネタリウム.
久しぶりに見るのでメガスター故の凄さと言うのが
判然としなかったが,確かに圧倒的な星の数.
星が見えすぎていったいどれがどの星座なんだか...
高い山の上で見上げる星空がこんな感じだ.
そんな意味では かなりリアルであると言える.

が,機械の駆動がスムーズでない.
個人作成であり,専門メーカーの物と比べてしまうのは
酷ではあるが,回転速度が一定でなかったり
停止時にぶれがあるのは少々興ざめである.
夜空が動いているのか,それとも自分が動いているのか
わからなくなるような そんな溶け込むような感覚.
そこまで実現できれば完璧であろう.

また,やはり無い物ねだりではあるが
プラネタリウムと言うものは専属の解説者が
生で星空を案内してくれると言うのが醍醐味である.
自動上映のみと言うのはちょっと楽しさ半減.
もっとも,これはメガスターのせいではないのだが.

  -なんて素直に喜ばず不満をもってしまうのは
   年をとったと言うことなのだろうか-


しかし,近頃のお子様はプラネタリウムに興味がないのか
それとも,別スケジュールで見るのか
後者なら良いのだが.
posted by メカパンダ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

04あたいの夏休み -3日目;悪女-

陸奥湾沿いに車を走らせる.

 -演歌もそうだが
  北国には中島みゆきもよく似合う-

と 意味のないフレーズが浮かび
「悪女」と言う曲が頭の中で流れだす.

そうそう.

 -悪女と言えば 桔梗屋の娘さんで...

 -名前がね 出てこない.
  いつも黄色の着物でな.

  -いや,あのアニメ.どの登場人物にも
   服のバリエーションなんてものがあったか?

   -待て待て,「大草原の小さな家」の
    オルソン母娘じゃないのか,悪女と言えば.

 -こらこら,まずは黄色いのの名前だ.
  そこから解決しよう.

結局その後
 弥生さんの名前は思い浮かぶことはなく.

 -旅はまだまだ半ば-
posted by メカパンダ at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

04あたいの夏休み -3日目;津軽半島-

夏休み3日目は盛りだくさん.

岩木山登山の後は津軽半島は龍飛岬へ北上する.

・屏風山広域農道「米こめロード」
 湿原の中,十三湖までひたすら真直ぐ北へ.
 信号どころか何も無い.
 ちょっと本州離れした雰囲気がある.

 緩やかなアップダウンで見え隠れする逃げ水が印象的.
 名前は再考を要す.

灼熱地獄
  Fig. 米こめロード

・龍泊ライン
 十三湖と龍飛岬を結ぶ.
 日本海沿いを走った後は豪快に尾根筋まで登る.
 この登り,非力な車でもキツイ程だが
 自虐的チャリダー(自転車乗り)多数あり.

 完走の褒美は眺めの良い尾根伝い.
 岬までは爽快に下り道.

 自転車乗りはこう言う道がすきなのかも知れぬ.
 車で行けば変化に富む楽しい道.

・龍飛岬
 海峡の向こうは北海道.
 かもめが飛び
 「津軽海峡冬景色」by石川さゆり はエンドレス.

  〜ごらんあれが龍飛岬 北のはずれと〜

 かなり小奇麗に観光地化されているが
 演歌の効果か 旅気分は盛り上がる.

 のだが,なぜだか頭の中では
 「越冬つばめ」by都はるみ
 とMIXされてしまい うまく再生できない.

 青森.なんとなく演歌.そして冬繋がり.
 な だけなのだが.
 人の頭の構造とは面白いものである.

津軽海峡
    Fig. 夏だけど
posted by メカパンダ at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

04あたいの夏休み -3日目;岩木山山頂-

9月に入って
 虫の音も大きくなってきたと言うに
  まだ3日目か.

さて,岩木山.
リフトを降りて早々に
シャッター押してくださいと言われつつ,
登山開始.

 -跪いてまでして撮った写真に感謝しろ-

ごろごろ
   Fig. 岩だらけ

コースタイム30分と聞くと油断しがちだが,
道中,とにかく岩が多く,
さらに後半は急な登りとなる.
特にこう言う道は下りがキケン.
スニーカーでは少々心許ない.

もう身軽でもなんでもないお年頃の私としては
反省することしきりである.

が,老夫婦と抜きつ抜かれつを繰り返しつつ
ゆっくりと(全力とも言いますな)歩いても
40分程度で山頂に着いてしまう.

お手軽ではあるけれども
道中が岩場と言う,いかにも山登りな道程.
標高1,600m程度ではあるが
平野と海の間にそびえるが故の高度感.
そして,日本海から陸奥湾,津軽平野,さらには八甲田.
視界を遮るもののない360度の大パノラマ.

最小の労力で
最大の山登り気分が味わえる.
靴さえしっかりしたものを履いていけば
歩くのが嫌いな人でも楽しめるであろう.

それは3階でもエレベータを使う派の
私が保証する.

岩木山山頂
   Fig. 眺めよし

非日常を味わうとでも言おうか,
観光が目的でも,青森に行くのならば
岩木山登山を組み込んでみると楽しいやも知れぬ.
posted by メカパンダ at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

04あたいの夏休み -3日目;岩木山八合目-

岩木山ネタでなぜ引っ張るのか.
 それは フィルムをまだ現像してないから.

さて

 「津軽岩木スカイライン」
   ゲートオープン 午前8時

現在7時.
山頂の雲も晴れてきたことだし
開店待ちするしかあるめぇ とゲートまで行くと

2番手.

夏の しかも平日の早朝から
やる気がある様に見えてしまって ちょっと悲しい.
こんな時間に動き回っていいのはラジオ体操のガキぐらい.

 -ゆるーく 脱力系が基本なのだが-

さて,少々早出残業気味に開店した道は
 いわゆる九十九折れ.
道中それほど展望がきく訳でもなく
8合目まで行くための道,ととるべきであり
走るだけでは往復1,780円に値しない.

 -やはり登れと言うことだ-

駐車場からでも眺めはよいが,視界は限られる.
しかも わたくし
「360度の大パノラマ」と言う言葉に滅法弱い.

ステキな言葉
 Fig. 株式会社だ

頂上へ行けばこの景色が360度.
聞けばリフトの終点から頂上まで
コースタイム30分.

周囲は登山靴だったりしてホンキモードだが,
 (いや,これが当然の装備)
ほら,6,70歳と見られる老夫婦も
リフトに乗ろうとしてるではないか.

老夫婦
 Fig. ライバル登場

 -さあ,登れ-

この老夫婦とは この後,
下山まで終始デッドヒートを展開することとなる.
posted by メカパンダ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

04あたいの夏休み -3日目;岩木山麓-

フタタビ 煙と何とやらは高いところがお好き.

そんなわけで3日目はついに青森県 岩木山.

 -秋田県を忘れている気もするが,
   暑かったので記憶喪失
 人間とは 嫌なことをサッサと忘れる
      都合の良い生き物だ-

岩木山. 別名 津軽富士.
 津軽平野の西にそびえる独立峰.
 車で8合目まで行ける.

こりゃ 今日も楽して山登り気分 と行きますか.

と,朝早く出向いてみれば

「津軽岩木スカイライン
  ゲートオープン 8時−17時」

山が定時勤務とは何事だ.
店主を呼べ,店主を

あたしゃバーゲン戦士じゃないので
開店待ちをするほどの根性が備わっていない.

岩木山
   Fig. 待機中

 -さあ,登るべきか-
posted by メカパンダ at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

04あたいの夏休み -2日目;鳥海山-

煙とナントヤラは高いところがお好き.

そんなわけで山形と秋田の県境
 鳥海ブルーラインから仁賀保高原パノラマラインへ.
緑の中,海を眺めながらのアップダウンが気持ちいい.

海沿いにある高山というのも
中部地方にはあまりなく,
遥か眼下に広がる海が新鮮である.

登山はしなくとも,晴れていれば
車で上ってみない手はない道である.

雲多し
 Fig. うかれ中

-体力があれば頂上まで登ってみたいものだが-
posted by メカパンダ at 01:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

04あたいの夏休み -初日;上越-

さて,蕎麦のあとはさらに北 上越へ.

日本海へと抜ける頃には日も暮れており
花火大会に遭遇.

旅行中,不意に祭りや花火大会にでくわすと
なんだか得した気分である.

 何気なく買い物に行ったら
  今日はイオンお客様感謝デーだった

 何も考えず予約した宿に
  ジャングル温泉があった

と言った感じだ.

よそ見運転
  Fig. 夜を往け

 -とりあえず,やきそば一丁-

posted by メカパンダ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

04あたいの夏休み -初日;戸隠蕎麦-

さて,忘れないうちに今年の夏休みをば.

初日は磐田からまっすぐ北へ 長野県戸隠.

戸隠と言えば蕎麦.
オヤジくさいと言われようが,蕎麦.
それも ざる.

あるじ,野菜の天ぷら3種付き をたのむ.

が,その野菜.
 しそ,ピーマン,さつまいも

なぬー.なすはないのか,まいたけはいずこ.

何様のつもり
  Fig. きめ台詞

まあ,そばも天ぷらもおいしかったのでよし.
しかし,本場ならば本わさびを使っていただきたい.
posted by メカパンダ at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

夏本番

暑い.

そりゃ車も燃える.

  夏本番
  Fig. 夏空

ネタが無いので写真でごまかせ.
posted by メカパンダ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

夏が来た!

土曜の午後&日曜の名古屋はかなりイイ天気.
車のクーラー(エアコンではない)能力試験日和であった.

 -試験結果 「夏はムリ」-

さて,トラックバック企画.
ああ、夏だなぁ. と思う瞬間は?」 -しゅれ猫より-

 夏が来たと思う瞬間.
 人それぞれ,いろんな場面で思うわけであるが...

 夜7時
 日は沈んでもまだ明るく,昼間の熱気もわずかに残る.
 が,車を走らせると窓からの風が心地よい

  最初の花火が上がるのを待つような
  浴衣で祭りに出掛けるような
  今から友人と飲みに行くような

 例え自分には予定が無くとも
  そんな期待
  そんなわくわく
 道行く人々が持っている気持ちを
 路上の空気に感じてしまう.

 今夜は何をしようか
 と,少し浮かれた気分になる
 
 そんな瞬間に,夏だなぁ と
 夏はいいなぁ と
 私は思うのである.

  初夏の海
  Fig. 初夏の風

 -暑いのが嫌なだけかも知れぬが-

   笑いを取る内容でなくて失礼.
posted by メカパンダ at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

夜空のムコウ

まあ,ご時世に沿って夜空のハナシ.

都会の夜の曇り空は赤黒い.

小さい頃.
天の川を見ることのできる田舎で育った私は
親戚の家に行くと見える この赤い夜空が
不気味で仕方がなかった.

天変地異の前触れなのではないかと心配したものだが,
その禍々しさを見ずにはいられなかったのも確か.
魅力的に目に映ったのであろう.

今時の子供は満天の星空が見られず,可哀想だ 
と言う論調は確かに否定できない.
山の上で見る星空は怖いほどだ.
それこそ射竦められて何もできないと言う表現が当てはまる.

しかし,街で見上げる夜空も また捨てたものではない.
ネオンとともに明滅し,ヘッドライトの星が流れる.
 -街を投影するスクリーン-

現状を嘆いてばかりでは可哀想だ.
 星は見えなくとも空は魅力的だ.
 満天の夜空が見えないなら連れて行ってやる.
ぐらいの気概が欲しいものである.

赤い空
  Fig. 朝焼け

 -そんなわけで私は今,プラネタリウムに行きたい
posted by メカパンダ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

When You Wish Upon a Star

七夕.

  沈むオリオン
  Fig. 星に願いを

  天の川とは関係のない写真ではありますが...
posted by メカパンダ at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

イメージアップ大作戦 -夏がくる前に-

  月と蠍
  Fig. 宮崎県えびの


  -どぶろぐせんせのイメージから
        回復効果はありやなしや-
posted by メカパンダ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。