2012年08月13日

万内川砂防公園

新潟県砂防発祥の地とされている万内川砂防公園。
http://www.pref.niigata.lg.jp/jouetsu_sabou/bannai_park.html

上記リンク先「芝生広場 すべり台もあり、幼児に人気」という写真を見ると、どうもすべり台が砂防堰堤の形をしているようだ。気になる。しかし検索しても大きな写真が見つからない。というわけで、見に行ってみた。




おお、これは砂防堰堤を意識した形であるに違いない。

谷になっている中央部が砂場になっていて、左右斜面が表面の粗い、いわゆるズボンが破れるタイプのすべらないすべり台となっている。




この広場には、遊具と呼べるものはこのすべり台しかない。
砂防公園を名乗るからには、砂防にちなむ形状のものしか置かないということだろうか。

案内表示用の看板の足下も、砂防堰堤風だ。



そしてこの万内川砂防公園には、砂防模型水路というものもある。砂防堰堤のミニチュアで、遊びながら砂防事業について学習ができる、というのが謳い文句だ。これも見なければ。


おお、鋼製格子型の砂防堰堤だ。上流にはコンクリート製のスリット型砂防堰堤。どちらも透過型だが、これだけ?

いや、

下流には、草に隠れて鋼製の枠内に石を積めた不透過型の砂防堰堤が設置されているではないか。草に埋もれているのは、建設から月日の経った状態であると理解すればよろしいか。

この横にもう1本水路が設けられていて、階段工みたいな部分があったのだが、これも砂防模型?

石積みのようで、コンクリート表面に設けられた模様であるところは、まさしく近頃の砂防施設っぽいのだが。

現地にはこの砂防模型水路についての説明が無かったのが残念だ。この水路は、遠足等の学習イベント時に口頭での説明と共に使用されることを前提としているのだろうか。
多少の知識があれば、これらがあるだけでも面白いのだけれども、不親切すぎる。どのように使用されることを想定して作られたものなのか、説明書きが欲しかったところだ。


posted by メカパンダ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。