2005年04月04日

春うらうら

4月3日.
UHFながら,地方発全国区となったお化けTV番組
「新車情報」が最終回を迎えた.
一度も見たことないのだが,
巨星墜つ.記事にぐらいはしておこうか.

しかし,この番組を作っていたテレビ神奈川.
なかなかに侮りがたい.
平日朝に放送するsaku sakuは私の朝の定番となりつつある.

 -ローカルゆえの朝から深夜ラジオがごとき
  無防備なノリがオモシロイ-

ま,それはともかく.
日曜日は東京ビッグサイトへ.

この日のビッグサイトでは
 「東京モーターサイクルショー」
 「東京国際アニメフェア」
 「FCI アジアインターナショナルドッグショー」
 「数学検定」
 「どこぞの大企業の数千人規模の入社式」
が行われていた.(なんたる無節操)

りんかい線を一歩降りれば,
日頃見たことの無い人ゴミに興奮する犬を横目に,
アニメのポスターが貼られた通路を通り,
騒音を撒き散らすオートバイ達に顔をしかめる,
リクルートスーツ姿の黒い集団.

まさしく人種の坩堝.文明の衝突.
そのコントラストがまさに大都市トーキョー.

ちなみに,アニメフェア.
この手のモノの中には
「15歳以下ははいっちゃダメ であります」
な部類に属するモノが堂々と開催されていることがあるが,
今回は家族連れが春の陽気の下
ほのぼのと見に来る類の物であった.
安心安心.

さて,他は社会勉強程度に横目で眺める程度にして,
肝心のオートバイ.

10年ぶりのモーターサイクルショー.
国内メーカーは高速二人乗り解禁で浮かれているだけ.
欧米メーカーは魅力あるラインナップを展開し,
その横では,アジア勢がかなりがんばっている.
ちょっと勢力図が変わってきたようだ.

ただ,相も変わらず目に付くのは,いわゆるカメラ小僧.
(小僧とは言うが,
 実勢は20代から40代ぐらいのカメラオヤジだ.
 皮肉をこめて小僧ということなのか.)

高性能カメラ需要の4割はこの人種によるものではないか
(5割プロ,1割写真ジジイ)
と思えるほどに,気合の入ったカメラたち.
明らかに観光地とは違うカメラの勢力分布がそこには見られる.
(大まかに言えば,カメラが黒い.)

近頃はデジカメなので,彼らが何をどう撮っているのか
後ろから覗き込むことができるのが面白い.
 -オープンソースですな.経営の透明性とでも言うか-

回転液晶でローアングルもラクラクです.
まずは,おねぃさんの足を撮ります.
次は,オートバイのサスペンションを撮ります.

さては,キサマ 足回りマニアだな.

写真業界もイロイロです.


「足回り」 -いらぬ知識の皮算用-

クルマとかオートバイのタイヤや
フワフワと車体を浮かせるバネ付近を「足回り」と言う.
一般にカレシが「足回りを引き締める」といった場合,
美脚ダイエットをするわけではない.
クルマのバネを硬くして,乗り心地を悪くすることを言う.
泣いてでも止めるべきだ.

不幸にも
腹を路面に擦りつけて,踏切を普通に渡れないクルマとか
脳みそ震わせるほどに乗り心地の悪いクルマに
乗ってしまったら,その運転手には
「足回り変えてますね」
と言ってみるとよい.誉めてないのに喜ぶはずだ.

覚えておくと良い,生活の知恵.


posted by メカパンダ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

27年間つづいた番組が、終わった・・・
Excerpt: この顔、ご存じでしょうか?自動車ジャーナリスト三本 和彦さんです。地方テレビ局ですが、27年8ヶ月つづいた、新車情報が、昨夜、最終回を迎えました。続き↓↓↓
Weblog: 社労士「テラ先生」のハンズ・フリー・トーク(TOPへ)
Tracked: 2005-04-05 18:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。