2010年02月07日

レインボーブリッジ周辺をふらふらと

お台場にある東京カルチャーカルチャーにて、土木学会主催の「土木の魅力を語ろう!」いうトークイベントが開催されたので行ってきた。出演者は、土木技術者及び土木写真家の方々。メインテーマは、「羽田D滑走路のできるまで」。

建設業に限らず機械でも写真でも、何かを作り出す人の話を聞くというのはとても面白いものだし、土木学会という古い組織がこういうイベントを開催してくれたというのはとてもありがたいことだ。
この業界がこんなイベントをするに至った台所事情は、詮索しないのが吉だろう。

イベントについては、きっと午前中に行われた羽田空港の現場見学会にも参加された方々が詳しく報告してくれることを期待して、省略。

私は参加できなかったので、午前中は一人レインボーブリッジを見学することにした。レインボーブリッジには歩道が設けられていて徒歩でへ渡ることができる。


どうだったかと言えば、寒かった。ただ一言、寒かった。


イベント後の夕刻にも訪れた。






ビルの谷間と傾いた日の組み合わせというのはおもしろいっすよね。






posted by メカパンダ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。