2009年11月27日

あたいの夏休み2009 -ピョウタンの滝(農協ダム)と釧路-

すっかり冬だが、夏休みの話。

9月10日。タウシュベツ橋梁とか見た後は南下して、ピョウタンの滝へ。

発電用にダム作ったんだけど、土石流で埋まってしまって発電には使えなくなったダム。

本来の役割は果たせなくなったが、現在は取水用として使用されている。周囲は公園になっており観光資源としても活躍しているようだ。


ゲートとか人工物が見えるんだけど、自然の滝だと言われれば、ああ、立派な滝があるんだなあと気付かないかもしれない。

この川、第1号砂防ダムという大きな砂防ダムがある。他にも砂防ダムが多くて、砂防ダム好きにもオススメ。

上流にある札内川ダム。新しめなダムなので公園とかエレベータとか訪問者向けの整備が整っている。


ここからさらに上流に上る道道111号は本来日高山脈を横断する予定だったが、金はかかるし何年経ってもできないし環境保護とかもあるし、で建設が凍結された道路である。冬の長い北海道で山脈のど真ん中に立派な道路を作るのは、まあ無理があったということなのだろう。北海道の主要な道路は日本の他の地域に比べてやたらと立派で、そういう北海道基準でなければできたんじゃないのとも思うが、それはそれで冬期通行止めになってしまうので有り難みがないのかもしれない。

で、偶然、花畑牧場の前を通り、平日夕方でも群がるおばちゃん元気だなとか、十勝のサーキット頑張ってるなとか思いつつ、東へ進んで釧路へ。何というか、北海道は1日の旅程の距離感覚が狂う。

ちなみに釧路駅の南側は、ビジネスホテルが多数あるにもかかわらず、ファミリーレストラン、ファーストフードの不毛地帯だ。飲み屋街はあるのだが、漁師町の飲み屋街なんて余所者が気軽に立ち寄れるような雰囲気を持っているわけがない。車で走ればそれなりに見つかるのだけれども。
結果、ホテル内のレストランは嫌だけど車がない!という人々が、夕食難民として多数徘徊していた。

お約束で港の近くを徘徊する。










ありがとう!釧路ガス


posted by メカパンダ at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏休み長っ!!とか思ったらw
色々行って来たんだねー
実際に見たい風景が沢山だ


東北でココ良かったなーって所とかあるすかー?
景色良い所とか殿趣味な所行きたいんだけど、店くらいしか思いつかなくて
Posted by ast at 2009年11月27日 07:45
行ったことないけど気になるのは
八戸の八戸キャニオンと、八幡平の松尾鉱山跡かのう。
どちらも遠くから眺めるだけっぽいけど見てみたい。

眺めがよいのは、男鹿半島とか岩木山とか鳥海山とかっすかね、アリガチだけど。
Posted by メカパンダ at 2009年11月28日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。