2014年06月09日

石灰石鉱山見学案内

 石灰石はセメント、鉄鋼の原料となり、テクノスケープの素と呼ぶにふさわしい鉱物資源である。石灰石は国内で自給自足でき、各地でその採掘現場を見かけることができる。石灰石鉱山は山を削り地底を目指す露天掘りであることから、産出現場自体が地球の都合と人の都合の摺り合わせという、テクノな景観を生み出してもいる。
鳥形山鉱山

 重機の往来や発破による危険性、また周囲に森林を残すという規制等により、我々が石灰石鉱山を間近に眺めることは困難であるが、有り難いことに一部の鉱山では展望台の設置や一般公募での見学会が行われており、採掘現場を目の当たりにすることができる。

 以下では、我々一般の者でも見学が容易な石灰石鉱山について、Photosynthを用いた現地のパノラマ写真とともに紹介する。現地には、是非双眼鏡を持参あれ。

 まず、ふらりと訪れて敷地内に入ることができる石灰石鉱山は、八戸鉱山ぐらいであろう。

・八戸鉱山 (青森県)

Photosynthを閲覧できない場合はこちら

 八戸キャニオンと呼ばれるすり鉢状の採掘現場のへりの部分に展望台が設けられており、発破の時間帯を除く昼間に開放されている(無料)。
 八戸鉱山の底は現在海抜-170mであり日本で一番低い地上の場所ということであるが、緑化が進んだためか深くなりすぎたためか残念ながら展望台から最深部を望むことは出来ない。視点場はこの展望台のみ。しかし、眼前で地下へと落ちていく人工的な巨大な穴の迫力はここならでは。
 自動車であれば展望台への道程で巻き上がる石灰にまみれるところも臨場感があってよい。が、二輪車の場合は全身が白くなる覚悟が必要。


 事前の申込が必要なツアー形式であれば、以下の伊佐鉱山、津久見鉱山、香春鉱山を見学することができる。

・伊佐鉱山 (山口県)

Photosynthを閲覧できない場合はこちら

 伊佐鉱山は、宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会による「大人の社会派ツアー(産業観光バスツアー)」の「セメントの道」というコースで見学することができる(有料)。
 当ツアーでは、採掘場所の中を通ることはないが、展望所から露天掘りのすり鉢の全体と、絶え間なく往来するダンプトラックを見下ろすことができる。視点場は展望所1箇所のみ。また、バスで展望所に辿り着くまでに通る宇部興産伊佐セメント工場の敷地内の眺めも迫力がある。
 バスにより日本一長い私道である宇部興産専用道路を通り、巨大な興産大橋の通行やそこを走る専用トレーラーの見学ができる点も、当ツアーの大きな魅力。まさしくセメントづくしの産業観光である。
 また、旅行代理店のツアー商品に当鉱山の見学が組み込まれることもあるようだ。


・津久見鉱山 (大分県)

Photosynthを閲覧できない場合はこちら

 津久見鉱山は、毎年10月下旬の週末に津久見市で行われる「ふるさと振興祭」の鉱山見学会で見学することができる(無料)。応募方法は「市報つくみ」の10月号等に掲載されるので、10月初頭に津久見市Webサイトを確認するとよい。
 当ツアーでは、展望所に至るまでの道中で採掘現場の中をバスで通り、鉱山が稼働していなければその場に降り立って重機の見学ができる。露天掘りの切り立つ白い壁の高さを実感できるのは、このツアーならではであろう。
PA276773
 当鉱山は胡麻柄山という津久見市市街地の背後の山の上にあり、展望所に向かって高度を上げるにつれて眼下に市街地が見えてくるところなどは観光道路顔負けの優れた眺めである。展望所からは、採掘現場はもちろん、セメント工場、採掘現場からセメント工場にまで石灰石を運ぶベルトコンベア、及びセメント工場から出荷する港まで石灰石の一連の流れを見下ろすことができる。
 また、津久見市には、セメント工場の中を通り抜けるかのような一般道や、当鉱山及びセメント工場を眺める多数の視点場等、ツアーの前後の楽しみも多い。夜景もまたよい。ツアーによる見学の時間は短いが、石灰石鉱山を見学するならまずここ、と言える。


・香春鉱山 (福岡県)

Photosynthを閲覧できない場合はこちら

 香春鉱山は、毎年5月及び11月に行われる香春町観光協会主催の「香春岳(一ノ岳)山頂見学と史蹟探訪ツアー」で見学することができる(有料)。応募方法は香春町Webサイトに4月、10月あたりに掲載される。
 当ツアーでは、一ノ岳の山頂全体を平に削り取ってできた採掘現場の外周に沿ってバスでぐるっと1周し、この間の、採掘現場全体を見下ろす場所、香春町を見下ろす場所及び重機を見学する場所の3箇所でバスを降りて見学を行う(2013年11月開催の回の場合)。各場所での時間に余裕があり、ゆっくりと眺めを楽しむことができる。
 一ノ岳は麓から見てもあらあらスパッとやっちゃいましたねという特異な容姿をしているのだが、山頂はまたこれが想像通りの潔さで思わず笑顔になる程。これはもう、石灰石とか鉱山とかに興味が無くても見学に行くべきである。
 近所には旧炭鉱にまつわる見どころが多く、白ダイヤと呼ばれた石灰と合わせて、黒ダイヤと呼ばれた石炭について見学して回るのも良い。
香春岳
posted by メカパンダ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

立山トンネルウォーク&黒部ダム内部見学ツアー

2013年9月8日からの1泊で立山黒部アルペンルートで行われた、トロリーバス用の立山トンネルを歩き、黒部ダムの内部を見学できるツアーに参加してきた。

このツアーは、立山町や立山町観光協会が企画し、観光庁の「官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業」に選定されたモニターツアー。
星に一番近い駅 もうひとつの立山がそこにある!」と称している。

日程は、1日目夕刻に立山トンネル内を歩き、その後ホテル立山で夕食及び宿泊、2日目午前中に、黒部ダムの内部を見学して解散というもの。

ちなみに立山トンネル内を歩くツアーは、2011年の立山黒部アルペンルート開通40周年のときに行われたことがあるようだ。黒部ダムの内部見学は、黒部ダム完成50周年記念として今年に入って何回か行われている。

さて、ツアーの様子。
1日目。
16時に室堂駅集合の後、トロリーバスにて大観峰駅へ。トロリーバスの営業終了後の立山トンネル内およそ4kmを、所々立ち止まってガイドさんの説明を聞きながら1時間半をかけてゆっくりと歩く。

まあ、歩くだけなんです。立山トンネル入口。


今は使われていない雷殿駅。

鉄道関係に詳しい人だと、ガイドさんの説明以外にもいろいろ見るべきところがあるんだろうなあと思いながらずんずん歩く。

しばらく行くと、緩いクランク状に屈曲した部分が現れる。

ここは難工事を極めた破砕帯の手前で、計画では真っ直ぐ掘るはずだったのだけれども、掘りやすいところを求めた結果、このように屈曲したとのこと。

その破砕帯の箇所は、照明が青くなっている。

この距離を掘り進めるのに、13ヶ月かかったということである。

破砕帯を過ぎると、トロリーバスがすれ違う場所に出る。

ここは立山の峰というか尾根というか、の直下でもあるそうだ。奥の青いところが破砕帯の箇所。

さらに歩いて、室堂駅に到着。立山町のらいじぃが迎えてくれた。

ちなみにらいじぃ、その体格から立山黒部アルペンルートで乗れない乗り物があるそうだ。立山町から黒部ダムまで行けないらしい。

この後は、室堂駅直結のホテル立山で一泊。


2日目。
黒部ダムへ。

関西電力の人の説明を受けながら、ダムの上から中へ移動。関西電力のマークはボルトのVとアンペアのAの組み合わせなんだそうだ。

旅行の説明には、監査廊というダム本体の内部に作られている通路を訪れるとはあったが、さらにキャットウォークに行けるという。これは嬉しい。
キャットウォークというのは、下の写真において、ダム本体の下流側の切り立った面に沿って張り付いている水色の通路。


金属探知機を用いた検査を受けた後に、エレベータでダム本体の一番上の部分から中程の高さにまで下りて監査廊に入るのだけれども、監査廊は撮影禁止。幅1.2m程の狭い通路で、ダム本体の湾曲に沿って滑らかに曲がってるわけではなくて、短い直線を繋いで作られている。型枠の細さとか古い感じ。

そして、ダムの左右の中央ですよというところで、命綱をつけてキャットウォークに出ると。
黒部ダム キャットウォーク
どどーん。
うおおお、放水してるところの真横じゃないですか。水かぶり席。

これはよい場所だ。ダム好きじゃなくてもお金取れる。
頻繁に見学会を行うわけには行かなくても、ここからの眺めをWebでライブ中継ぐらいして欲しい。高解像度で。

と、ダムの見学が終わったところで、ツアー担当の方からの
「黒部ダムは長野県ではなく富山県にあります。」
との言葉でもって解散。なお、ここから室堂駅に戻る運賃はツアー費に含まれている。


大都市圏発着1泊2日の今回の行程のパッケージツアーとなると、トンネルとダムしか見ないわけで手を出しにくいと感じる人が多いと思うのだけれども、現地集合解散ならば他の目的地を含む個人旅行に組み込みやすい。今回のような感じで、現地発着の特殊な場所を訪れるツアーが増えて、かつその情報が広く知れ渡るようになると良いなと思う。

話は逸れるが、ツアー会社のWebサイトにおける各商品への辿り着き方というのが独特で、あれは一種の検索除けになってしまっているのではないだろうか。ふるい落としをしたいという意図があるのならば仕方がないが。

今回のツアー、室堂駅集合解散で、オプションとなる黒部ダム内部見学を含めて1人26,000円〜という価格は、夏山と紅葉の間の隙間とはいえホテル立山の1泊2食付きであると考えれば安い。
今回はモニターツアー故の安さなのだろうけれども、アルペンルートの営業が終わらないとトンネル内は歩けないのだから、現地で1泊はしなければならないわけで、開催側にも得るものはそれなりにあるのだろうし、なんとか価格を抑えて次回以降も開催して欲しいものだ。ダムとか鉄道が好きな人に対する魅力は大きい。


posted by メカパンダ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

20130601 大阪 御舟かもめ貸切クルーズ 参加者募集

△ 2013年5月31日15時更新
現在の参加予定者数(それぞれ定員10名)
 第1便:8名
 第2便:満員


来たる2013年6月1日(土)、
御舟かもめさんの素敵な船で大阪の水路をゆくクルーズ2便を下記内容にて行います。

どなたでも参加可能です。

■第1便 (下記地図上、赤のライン) 淀川・赤川鉄橋クルーズ
6/1(土)
15:20〜
八軒家浜〜毛馬閘門〜淀川(赤川鉄橋・菅原城北大橋)往復
〜17:10
・料金: 貸切料25,000円を参加者数(最大10名)で割り勘
・集合/解散場所: 八軒家浜船着場(京阪天満橋駅近く)


■第2便 (下記地図上、青のライン) 都心ナイトクルーズ
6/1(土)
19:20〜
八軒家浜〜中之島一周〜東横堀川〜道頓堀川〜湊町船着場
〜21:10
・料金: 貸切料25,000円を参加者数(最大10名)で割り勘
・集合場所: 八軒家浜船着場(京阪天満橋駅近く)
・解散場所: 湊町船着場(湊町リバープレイス)


より大きな地図で 20130601 大阪・淀川&都心ナイトクルーズ を表示

第1便は、毛馬閘門を通り、この秋に歩道が撤去される予定である赤川鉄橋をくぐります。
第2便は、日没後に出発し、まず水辺のライトアップの整備が進んだ中之島を一周、その後に閘門である東横堀川水門を通って、上空に阪神高速が通る東横堀川を進み、最後に道頓堀側に入ります。

参加希望の方はメールにて
・どの便を希望するか(1便、2便、両方)
・参加希望人数
を記載のうえ下記アドレスまで連絡ください。
trashcan530@gmail.com

受付は先着順。定員に達しない場合は、出航まで受付。

問い合わせは、上記メールアドレスか、Twitter ID: @mechapanda まで。
posted by メカパンダ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。